クラブについて

映画は人をつなぎ 映画は街をつくる
豊田市は、映画を愛する映画人をつなぎ、映画があふれる映画街になることを宣言します。

昭和の頃、とよたのまちなかには、アート座とコロモ劇場という映画館がありました。時代の波の中でやがて2館は姿を消しました。
2000年代のはじめ、映画作りをする市民が現れました。小坂本町一丁目映画祭が定期的に開催されるようになりました。
2009年、とよたフィルムコミッションが設立され、映画やドラマ撮影の誘致がはじまりました。
そして、2017年秋、とよたまちなかにシネコン(シネマコンプレックス複合型映画館)がオープンします。
私たちは、豊田市を、映画を映画を観る、作る、参加する、そんな映画を愛する映画人(えいがびと)が溢れる、映画街(えいがまち)にしたいと思っています。そのために、映画上映会やワークショップ、交流会の開催や、サポーターズクラブの設立、情報発信など、小さなことからコツコツと継続的に繋げていきたいと思っています。
豊かな自然と、豊かな文化が共存する「映画街、映画人、とよた」をみなさんと一緒に作っていきたいと思っています。